c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
羽子板の歴史
 羽子板の起源は定かではありませんが
 
もともと羽根つき遊びの道具として出来たものである事は間違いないでしょう。
 
羽根つきの記録で現在わかっている一番古いものは、今から500年以上前の
 
鎌倉時代の永亨年間のものです。
 
当時のある宮様の日記の「看聞御記」(かんもんぎょき)の永亨4(1432)年の
 
正月の条に、宮中で女官などが男組みと女組みに分かれて
 
羽根つきを行った事が記録されています。
 
また、同書物に、当時の足利将軍が年末に
 
宮中に羽子板を贈ったことも記録されています。
 
 鎌倉時代の文安年間(1444年頃)の辞書「下学集」にも
 
羽子板という語が載っていて、「正月に之を用う」と注があります。
 
 この頃から羽子板は、遊戯用とお祝いの飾り物用に分かれていたようで
 
遊戯用は、板の上に梅の枝などを描いたり
 
宮中のお正月の悪魔を払う行事である左儀長を描いたものでした。
 
飾り物の方は、板の両面に胡粉をおいて、極彩色で左儀長を描き
 
金銀の箔を押した豪華なものでした。
 
 羽子板の図柄を現すのに押絵細工が使われるようになったのは
 
江戸時代の中頃からです。
 
押絵の技法そのものはかなり古い時代からあったと思われます。
 
その押絵づくりが江戸時代の初め頃に武家や町人の婦人達に流行し
 
やがて、羽子板にも押絵をはったものが作られるようになりました。
 
 初めは花鳥を現す図柄が主でしたが、次第に人物も作られるようになり
 
押絵師という専門の職人が現れてきました。
 
押絵師になったのは、多くの場合が浮世絵師だったといわれています。
 
 押絵師によって、江戸時代半ば過ぎから押絵羽子板づくりはめざましい発展を遂げ
 
特に、当時全盛の歌舞伎役者の舞台姿の似顔羽子板が作られるようになり
 
江戸の町人の間で大変な人気を博しました。
 
 毎年、年末になると羽子板市が開かれ、人気役者の似顔羽子板が売られました。
syougatu004001.jpg