c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
現在の破魔弓飾り
 住宅事情によって、小型化の傾向はあるものの
 
製造技術の進歩によって、一昔前に比べても格段に
 
優れた作品が作られるようになりました。
 
 全体的に形もスリムになり
 
従来に比べてスッキリとしたデザインが好まれています。
 
 
 素材としましては
 
弓は木製、竹製、樹脂成型品があります。
 
木製には、柔らかくて加工しやすく温湿度の変化による狂いが少ない
 
朴の木がよく使われます。
 
 
 矢軸には竹や朴の木、または樹脂製品なども有ります。
 
 矢尻は鋳物や樹脂。
 
 矢羽根は水鳥や七面鳥、雉、ほろほろ鳥、梟、鷹などが使われます。
 
 矢を納める箙部分には様々な形状があり、特定できませんが
 
木や竹、樹脂や金属などが使われ、筒の部分は藤で編んだり
 
合成皮革、和紙、寄木細工、彫金、蒔絵などそれぞれに特徴を持たせている。
 
 
 ケースも一般的な木製枠ケースだけでなく、
 
銘木(黒檀・鉄刀木・紫檀など)を使ったものや
 
前面に柱の無いもの、曲げガラス、アクリル製など様々なものがあります。
 
 
 現在の破魔弓には特に定められた形状は無く
 
弓と矢が付属していれば、破魔弓と呼んでいます。
 
装飾品としての美しさと、祝いのめでたさを追求しながら縁起物をつけたり
 
羽根の数も2本から多いものは十本以上
 
弓も一本弓のものから、両脇に日本づつ配したものなど実に多種多様です。
 
 
syougatu003001.jpg