c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
破魔弓の歴史
 「破魔弓」とは読んで字の如し、
 
魔よけつまり厄払いのお守りです。
 
 どうして、男児の初正月のお祝いに飾られるようになったかというと
 
人形屋さんが売り込んだから・・・では、ありません。
 
 破魔弓の起源とされるものには、2つの説があります。
 
 
 ひとつは、孝徳天皇の時代(645〜654年)の正月に、濃霧をおこして
 
皇帝を苦しめたという中国の古伝説の人物・蚩尤(シュウ)の目に擬した的を
 
弓で射たことが「世諺問答(せけんもんどう)」記されているに由来するという説。
 
 もうひとつは、「日本書紀」に記されている、平安時代の宮中での正月行事
 
「射礼(じゃらい)」と呼ばれる儀式に由来するという説です。
 
 
 弓には、武具としての側面だけでなく
 
邪気を祓い、目に見えない精霊を退散させる力あるものという意味と
 
人間には知ることの出来ない方向と距離を判定する
 
占いの道具としての意味がある。
 
 したがって神社などには魔除けの意味で古くから置かれ、
 
平安の頃から魔除けの意味での破魔弓神事や
 
年占い神事が行われていました。
 
 朝廷では皇子が誕生したときに魔除けとして弓を鳴らす
 
鳴弦(めいげん)の儀式」が行われておりましたし
  <敬宮愛子内親王殿下御誕生の際にも行われました>
 
 
民間でも男子の初正月に、弓を入れる用具の空穂と弓矢を組み合わせた
 
破魔弓を飾って祝ったといわれています。
 
 現在のような形の破魔弓が出来上がったのは鎌倉時代だといわれます。
 
江戸時代に入ると破魔弓は、飾り物・贈り物として盛んになり
 
遊びとしての破魔弓は影をひそめ、正月の飾り物の代名詞としての
 
地位を確立しました。
syougatu002001.jpg