syougatu005001.jpg
c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
現在の羽子板
羽子板の製法による分類
 
 @押絵羽子板
 
     板の上に押絵細工で作った図柄を取付けた羽子板
     綿を布でくるんだ細分化されたピースを組付けて図柄が作られる
 
 A木目込み羽子板
 
     板の上に図柄の原型を作り溝を彫って(筋彫り)
     そこにパーツ毎に裁断した布地の先を押し込むように(木目込む)して張付ける
 
 Bプレス羽子板
 
     金襴などの布地を張付けたボール紙を湾曲させたピースを組立て
     図柄を作り、押絵に似せた仕上げにしている
 
 C焼絵羽子板
 
     板の上に焼き鏝で直接絵を描き、彩色した羽子板
 
 D描絵羽子板
 
     板の上に直接絵を描いたり、プリントした絵を付けた羽子板
 
図柄による分類
 
 T舞踊物
 
     娘姿の羽子板  浅妻・汐汲・道成寺・藤娘・八重垣などがある
     最近では従来の舞踊姿ではなく、現代風にアレンジされたものも多数ある
 
 U狂言物
 
     歌舞伎や能、狂言を題材にした図柄  弁慶・助六・め組・連獅子など
 
 V見立て
 
     上村松園・伊東深水などの日本画の美人画からとった図柄
     細い目の面相を称していうこともある
 
以上簡単な分類を記しましたが、中級品以上では娘姿の押絵羽子板がほとんどで
 
狂言物とペアで飾る事もあります。
 
もともとは、上が広がった板の形に合わせて押絵を張ったものがほとんどでしたが
 
最近ではお袖などが大きく板からはみ出したものが多くなってきました。
 
同じサイズの羽子板でも振りが大きくなり、豪華に見えます。
 
従来通りの板に合わせた羽子板も、羽子板らしい上品さがあります。
 
 
衣装に用いる布地はおもに金襴で、物によっては友禅や帯地なども使われ
 
    金彩や刺繍が施されたりもします。
 
    また、髪飾りも紙製、絹製、メノウ付きなどもあります。