syougatu008001.jpg
c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
お正月飾りの
  飾り方・しまい方
 飾る時期は一般的には12月10日前後で
 
年明けの1月15日位におしまいになると良いです。
 (雛人形や五月人形とちがって、お子様のお守りとして年中飾られても良いです。)
 
 ただ、初正月の年は早めに飾られる方が良いと思います。
 
出来れば11月中には飾って頂きたいです。
 
 
 ケース物全体に言えることなので、まず最初に書いておきますが
 
ケース紐(ケースを縦に天枠から横・下台の下・横・天枠と一周まわっている紐)は
 
かけたままにされる事をオススメします。
 
はずされる場合でも、しまう時や移動させる時には必ずおかけ下さい。破損防止になります。
 
 
 破魔弓はたいていの場合、ケースに取り付けてありますので
 
箱から出してケース紐が別に附属している場合はそれを結びます。
 
多くの場合ケースの下台の上くらいから外れます(”本かぶせ”と言います)ので
 
ガラスを内側から拭いたり、羽根や房を整えたりする場合は
 
ケースが当らないように気をつけながら、かぶせ部分を上へ引上げて開けて下さい。
 
他に前扉になっている物や、天ガラスが乗せてあるだけで外れるものや
 
全く空けられない物(”はめころし”と言います)もあります。
 
 
 羽子板のケースはほとんどのものが前扉になっています。
 
全て取り付けてある物や、附属だけケースに取付けてあって羽子板だけ置くタイプ
 
全て別々で、ケースに羽子板立・附属・羽子板を飾付するタイプ
 
ケースに羽子板立だけが取付けてあるタイプ、羽子板受けが取付けてあるタイプ
 
羽子板を直接ケースのバックにもたれさせるタイプと色々です。
 
(選び方の頁にも書きましたが、キチンとした羽子板の場合板の裏にもきれいな絵が
   描かれていますので、出来れば羽子板だけでも外せる方が良いと思います。)
 
附属は左右どちらに何を置かれてもかまいませんので、ご自身のセンスでお飾り下さい。
 
 
 おしまいになる時は、出来るだけ晴天の乾燥した日にほこりをはらってしまって下さい。
 
ほとんどの場合、防虫剤などは入れなくても大丈夫だと思います。
 (当社で販売している物に関しては自信は有りますが、自己責任でお願いします。)
 
ケース紐だけしっかりしていれば、後は特に気を使われる事はありません。
 
     普通に、入っていた箱に入れておしまい下さい。