c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
お・ま・け
syougatu009001.jpg
 長い事商売やってますと、いろんなご意見を賜ります。
 
お正月物を買われた方が、お節句を選びに来られた際に賜るご感想
 
下のお子さんがお生まれになって数年後にお聞きするご感想
 
お孫さんがお生まれになって、2〜30年ぶりに来られた方のご感想
 
ひ孫さんのお祝いについて来られた方のご感想
 
  (ちょっと自慢ですが、4世代お世話になっている方もおられます
 
            あなたの4世代前がどんな方かご存知ですか・・・?)
 
 
 そこで思ったのですが、現代のような個の時代(各家族化しその中でも個々が分離している)に
 
人と人との心のつながりの大切さ、他人を思いやるあたたかな心を伝えるのに役立つと・・・
 
 心に少し余裕が持てると他人にやさしくできます。
 
みんなに、ほんの少しづつでもやさしさが増えるともっと良い世の中になると思います。
 
今のまま、どんどん住みにくくなる世の中を後の世代に残したくはありません。
 
時代の流れは変えられませんが
 
ちょっと前の平和で住みやすい国(謙虚で礼儀正しい人々)に近づけたらなぁと思います。
 
 
具体的には、お子さんに
 
  あなたが生まれた時、おじいさんおばあさんがお祝いしてくれた物である事
 
  生まれた時からずっと、あなたは多くの人に愛されてきた事
 
  人はひとりでは生きて行けない。人を支え、みんなに支えられて生きてゆくものである事
 
そういった人と人とのつながりを伝える絶好の行事なのです。
 
 
 あなたにとって、親とはどういう存在ですか。
 
多くの場合、自分がどんなひどい目にあっても、どんなひどい事をしても
 
最終的に自分を守ってくれる、許してくれるのは親だと思います。
 
どこかにそういう思いがあり、心の支えがあったから乗り越えられてきた事があったと思います。
 
今度は、あなたがその役割(無償の愛)を担う番であり、そういった心のつながりを伝える番なのです。
 
子を持って親の愛情がわかり、孫を持って祖父母の思いがわかります。
 
その時々は、「余計な事を・・」とか「今は時代が・・」とか「自分らには・・」とかいった思いがあるでしょうが
 
結局は全て先達が通ってきた道なのです。
 
 
    あわただしい日常ですが
 
   逆にそうであるからこそお正月くらいは心を育てる大切な時間にしてほしいです。
 
 
    私もただ物を売る商売人ではなく、「あたたかな心をつなぐお手伝い」が出来るよう精進しなければと
 
   この文章を書きながら反省しております。
 
 
     <家内がパソコンを覗き込みながら、
              愛情の証に「バックを買って」ってせがんでおります。  (^^ゞ >