c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
ひなまつりの歴史
 日本では上巳の節句(前ページ参照)に
 
人の形を草木や紙でこしらえ
 
それで身体をなでて自分の厄を移し、水に流して祓いました。
 
この時のなでものを「人形(ひとがた)」と呼びますが、それが構成の雛人形の起源だといわれています。
 
 
 平安時代(1000年位前)に紙などで作った遊戯用の人形を「ひいな」と呼んでいました。
 
この「ひいな」と、上巳の節句に用いられた「ひとがた」が長い間に融合し
 
「雛人形」が生まれ、やがて家の中に飾り祀るようになりました。
 
 
 江戸時代以降は、雛人形・雛道具ともに豪華になり、雛飾りは女の子の憧れになりました。
 
そして、それを飾る上巳の節句は、華やかな「ひなまつり」へと発達しました。
 
当初は娘たちが主役のおまつりでしたが、やがて初節句の赤ちゃんも加わるようになり
 
江戸時代の中頃からは「初雛の祝い」が盛んになりました。
 
 
 私見ですが、歴史的なものを調べておりますと、
 
節句とかお祝い事が華やかに盛大に行われた時代は、平和な時が長く続いた時代です。
 
当然といえば当然な事なのですが、生まれた子供の幸せを願い
 
「平和な世の中を末の世までも」との思いは、いつの時代にも大切なことだと思います。
 
 
 現在一般的になっている7段飾りは、江戸時代後期ごろまでにほぼ完成した飾り方です。
 
江戸時代の初期はもっと簡単な飾り方で、平たい台の上などに内裏雛を一対飾り
 
菱餅や白酒等の供え物をする程度でした。
 
それが100年余りの間に、3段から5段と次第に増え、人形や雛道具も増えていきました。
 
それにつれて、かなり贅沢なものが作られるようになり
 
幕府は再三「雛人形」の華美を禁じるお触れを出しています。
 
 明治に入ると新政府は、従来の節句行事を廃止し新たに祝祭日を定めました。
 
それにより節句行事は一時衰えますが、長い間人々の生活に根付いた風習は無くならず
 
上巳・端午・七夕などの子供に関係の深いお節句は、今も盛んに行われています。
 
 
myweb1002001.jpg