c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
現在のおひなさま
 昭和30年代には、屏風飾りではなく
 
御殿を組んでおひなさまを飾っていました。
 
 (11月から2月までのシーズン中、当時の飾りを店頭ショーケースで飾っています。近隣の方、必見!)
 
 
 現在は全て屏風を立てて、その前にお内裏さんを飾る飾り方です。
 
内裏雛の飾り方には土地柄があります。
 
京都などでは古式にのっとってお人形に向かって右が男雛、左が女雛です。
 
以前はみんなそのように飾っていたのですが、昭和以降
 
昭和天皇のご即位の方式にならって、向かって左が男雛、右が女雛が一般的になりました。
 
 
 お雛様には、製法によって「衣装着人形」と「木目込み人形」とがあります。
 
また、その姿によって「座り雛」と「立雛」とがあります。
 
 最も古い雛人形の形は、紙で作られた立ち雛でした。
 
それが現在の雛人形と同じような座った形の内裏雛が出現して、大きく発展しました。
 
木目込み人形が初めて作られたのはずっと新しく、250年位前だといわれています。
 
 雛人形はもともと、京都で発祥したもので、京都の人形師が江戸に招かれ
 
移住した人形師に師事して江戸の人形職人も増えました。
 
 
 全国的に見ても、衣装着の座り雛が最も多く飾られています。
 
特に当地(播州地方)ではほとんどが衣装着の座り雛です。
 
重ね着の美しさ、衣装の豪華さ、豊かな表情の頭(お顔)
 
どれをとってもお雛様に最も適していると思います。
 
 
 雛人形は一人の人形師が全てを製作すると思われているかもしれませんが
 
ほとんどの場合、数人の手を経て一体のお人形が出来上がります。
 
頭(かしら)、胴柄(どうがら)それぞれに多くの工程を要しますし
 
各工程に熟練と勘による職人芸がふんだんに盛り込まれており
 
それぞれ専門職の集合体です。
 
 
 
myweb1003001.jpg