c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
おひなさまの上手な選び方
 飾り方、スペース、ご予算を考慮の上
 
好みによってお選び頂いたら良いのですが
 
何点かポイントを上げておきます。
 
 
  @お人形を手にとって(お店の人にことわってからにして下さい)目の高さで見てみることです。
 
     高い所や、低い所に展示してあるのと、目線の高さで見るのとでは表情がちがいます。
     また、良いお人形はたいていの場合、どっしりしています。
      (重みのあるのが、全て良い人形とは限りませんが・・・)
     お手に取るとき特別神経質になることはありませんが、お顔にだけは手を触れないで下さい。
 
  Aお人形の手は樹脂製がオススメ
 
     もちろん樹脂製よりも木製の手の方が高級なのですが
     雛人形で一番破損しやすいのが手の指です。
     毎年小道具を持たせなければなりませんし、収納時にも他のお人形等と接触しやすいのです。
     ちょっと気をつければなんでもないことなのですが、樹脂製の方が扱いやすいのは事実です。
     材質に特にこだわる方は別として、私個人としてはお人形の手だけは樹脂製の方がオススメです。
     また、木胴(胴の芯に木が使われている)の方が良いといわれる方もありますが
     虫の付き難さには差はありませんので、特にこだわる事もないと思います。
 
 
  Bお店全体を見る
 
     自分で決めているアイテム(親王飾りとか三段飾りとか)だけを見るのではなく
     店内全体をまず一周して、色々な飾りを見ることをオススメします。
     ほとんどの方が、初めてもしくは数回しか見たことの無いお品だと思います。
     色々なお人形を見ていくと、だんだんそれぞれの良さがわかるようになってきます。
 
  Cパンフレットをあまり見ない
 
     見ないというのは、極端な表現ですが
     正直言って私どもでもパンフレットで人形の良し悪しはわかりにくいです。
     お人形とはひとつの出会いだと思いますので、直接お店へ行ってみて下さい。
     きっと、素晴らしい出会いが待ってますよ。
 
  D早期予約は慎重に
 
     どうしてもほしい商品の場合は良いと思いますが
     シーズンに入って沢山商品がある中で選ぶのが、一番賢い方法だと思います。
     当店は卸売りをしているので、3月頃から次の年の節句の仕入れに掛かりますが
     商品が全て揃うのは1月に入ってからです。
     年内に展示される小売屋さん用に、10月頃からお雛さんの出荷もしますが
     限定的な出荷になります。
     本当に気に入った商品やサービスで納得できれば良いですが、よ〜く考えてみて下さい。
 
 
何よりもお店の人と話してみて、信用できるお店でいろいろと相談してみることです。
myweb1004001.jpg