c4eb5013.gif
c4eb5004.gif
c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
 まずしていただきたいこと
 
それは、収納状態を写真に撮ることです。
 
そして、箱から出す際に
 
その箱に何が入っていたかを自分なりの名称でかまいませんから書いて、箱に貼って下さい。
 
 
 お部屋が広い場合は、全て出してしまってから、飾ってもらってもかまいませんが
 
一般的には
 
     飾り台→屏風→お内裏様→雪洞→お道具→官女様以下のお人形
 
の順で、順次飾りながら出していかれる事をオススメします。
 
  (飾り方のパンフレットなどは、お人形の箱に入っている事が多いので
                       先にお人形の箱を開ける必要があります)
 
 
毛氈(モーセン)飾りの場合は、下から合わせていく方がキレイに敷けます。
 
 
七段飾りの場合は、段を組んで毛氈を合わせて敷いて
 
上の段から順に飾り付けをしていくのですが、段を全て組んだ状態では上の方は届きにくいので
 
下から4段くらいの棚板をいったんはずして、飾っていったら飾りやすいです。
 
ただ、その際注意しなければいけないのは
 
上の段を飾り付けすると重心が後ろへ行くため不安定になってしまいます。
 
ですから、はずした棚板を一番下の段のところに置くなどして、前方に重しをしておいて下さい。
 
 
 
 おしまいになるのは、ひなまつり(当播州地方は旧暦に近い1ヶ月遅れの4月3日)のあとの
 
お天気の良い、乾燥した日にして下さい。湿気はお雛様の大敵です。
 
よく「すぐにしまわないと、婚期が遅れる」といいますが、いつまでもしまわない怠惰に対する戒めです。
(時々「この娘は嫁にやりたくないから、ずっと飾っといたる!」という困ったお父さんもおられますが・・・)
 
 まず、羽根バタキでやさしくホコリを払い、お人形のお顔はやわらかい紙で包みます。
 
他はそんなに神経質にならなくて大丈夫ですが、強く押さえないようにだけ気をつけて下さい。
 
 保管にはなるべく湿気の少ないところをお選び下さい。
 
湿気は、カビやシミ、変色などの原因になります。
 
また、乾燥しすぎるとお顔や木製品にヒビが入ったりする場合もありますので
 
時々風通しをしてあげて下さい。
 
天気が良く乾燥している10月頃に、人形の虫干し(直射日光に当てずに、風に当てる)を
 
していただけたら、なお良いのですが・・・
 
 
 良く質問を受ける防虫剤ですが、絹を使用しているもの(商品によりますが、お人形・ぼんぼり
 
御花くらいです)に入れて下さい。ナフタリン製剤やピレスロイド系のものを使用し
 
パラジクロル製剤やしょうのう製剤などと併用しないように気をつけて下さい。
 
また、前回使用した防虫剤と同系統のものを毎年使用して下さい。
 
それと、入れすぎに注意して下さい。修理等でお預かりすると目が痛くなる程の場合が有ります。
 
防虫剤の代わりに、”鷹のツメ”や”クスノキ”なども防虫効果があります。
    (鷹のツメはちぎってティッシュに包んで入れて下さい)
 
 
お雛さまの
  飾り方・しまい方
myweb1006001.jpg
[飾り方・しまい方]つづきへ
1/3
次のページでは、小道具類のつけ方についてお知らせします
  飾り方の

  写真は

コチラをクリック