c4eb5001.gif
c4eb5011.gif
お・ま・け
 飾り付けのサービスは受けないほうが良いです。
 
「折角サービスしてくれるのに、なんでよ〜」って
 
怒られそうですが・・・・・
 
だって、毎年飾りに来て、しまいに来てくれるのならともかく
 
最初の年だけ飾ってもらっても、結局しまう時に何をどの箱へどうしまうのかすらわからず
 
次の年からも飾らなく(飾れなく)なったという話を耳にします。
 
 
 確かに初節句の頃は、赤ちゃんのお世話やなんだかんだでせわしない時期で
 
お雛さんを飾っている余裕も無いと思われるかもしれませんが
 
時間的な余裕が無いわけじゃなくて、精神的な余裕が無いだけなのです。
 
 赤ちゃんを育てるという事は、確かに、初めてのことにばかりに突き当たりますし
 
全てが待ったなしの状況になりますから、お雛様どころではない気持ちもわかります。
 
でも逆に、だからこそお雛様なのです。
 
 心に余裕が持ててこそ、本当の意味での子育てが出来ると思います。
 
語りかけ、心安らかなる成長を願い、ともに過ごす刻(とき)を大切にして頂きたいのです。
 
 
 
 現在の教育課程には、超越者に対する謙虚さ、恐れを教える時間は有りません。
 
戦後教育基本法制定時に「義務教育において宗教的情操を養わなければならない」と
 
謳われましたが、GHQの指示で削除されてしまいました。
 
それで、こうした教育は家庭において行うほかないのですが
 
「ひなまつり」は最も適した題材になると思われます。
 
 
 加えて、内裏雛、左右大臣、三人官女、五人囃子、仕丁など
 
社会を構成する人間の、それぞれの役割分担を表しています。
 
 かつて、明治6年に来日したバード女子は、女の子が遊ぶ「おままごと」を通して
 
家庭や仕事でのマナーが躾られているのを見て取られました。
 
 
 以上のように「ひなまつり」は教育効果を最も心やさしく設定した儀式です。
myweb1009001.jpg