http://www.najimaya.com/
   
人形屋としての誇り
 節句のお祝いは、「お子様の誕生を祝い・成長を願う」まわりに居る皆さんの
”思い(願い)”を伝える行事として、古来より行われてまいりました。

 ある人形師は、節句人形を作る際に「心は込めても、思いは込めない」と
語ってくれたことがあります。
その真心の込もったお人形に、
ご両親やおじいちゃん・おばあちゃんの”思い”が込められ、節句人形は完成するのです。

 この大切なお祝いのお人形をお届け出来る事は
私たち人形屋にとりましても、たいへん誇りとしているところです。


 お節句のお人形は、いわゆる”物”ではなく、
その中に込められた”あたたかな こころ”であると私は思っております。
そしてその”あたたかな こころ”は、節句人形を通して時を越えて伝えてくれます。
ですから、
ただ、節句人形を売る事だけで終わる人形店にはなりたくありません。

こころを伝える、こころを育てる人形屋をめざして、精進してまいります。
お願い
 お買い求めいただいた方には、常々申し上げている事なのですが

節句人形は、必ず毎年飾ってあげて下さい。
そして、お子様に
「あなたは生まれた時から、こんなに皆に愛されてきたんだよ」って言う事を
話してあげて下さい。

お忙しいのもわかります。
面倒くさいのもわかります。
でも、1年の内のほんの数時間の事です。
けっして、無理ではないと思います。

あなたのお子さんの為に、これだけは是非ともお願い致します。
  (大きく言えば、日本の未来の為にも・・・と思っております)

<3〜4年頑張って下さい。
     そうしたら、お子様と良い時間を持てるようになる筈です>
四代目店主:名嶋雅彦
「名島屋の節句人形」もご覧下さい
c4ea0019.gif
goannai005001.jpg